やがて春休みに入り、私は高校2年生になろうとしていた。
ちょうどこの頃、ABさんは東京の予備校に通うことになる。

AB「東京の板橋さ住むごどさなった。東京会館があるときわ台まで歩いで通わいる。有難い!」

彼はそのようなことを私や諸先輩方に話し、会館参詣しながら折伏を進めていきたいと決意を語る。
一方私は顕正会が本当に正しいのかどうか当時外部からの情報を見聞きすることもなかったので、前回書いたとおり迷いに迷っていた時である。 
兄弟抄御書講義のビデオ放映が終わり、ABさんが熱心にSSK班長へ質問している側で、私はAS支隊長へ顕正会が唯一正しく仏法が本当に良いものならば何故、世間の人々は顕正会が危険な団体であると訴えて辞めてった人たちが皆こぞって顕正会を悪く話すのかなどを聞いていた。

AS「兄弟抄でもあったげど、池上兄弟が云々…行解既に勤めぬれば云々…怨嫉っていうのが仏法にあんなやの。仏法やってれば悪口も言われるし毛嫌いもされる。だがら頭で考えんな!折伏やろうぜ折伏!!の!?」

もっこり(いやいやいや、考えんなって言われでも。。。仏法はこういうものだと無理矢理押し付けられてるような…)

暫く私は沈黙する。AS支隊長の頭で考えるなという言葉を毎回聞いていたせいか、脳裏にはその言葉ばかりがこだまする。
矢張りひたすら頭で考えるなと言われることには納得がいかず、一種の暗示にさえ思えてきた。
その時AS支隊長の携帯に着信が入る。

AS「 はい、もしもしASです。あー!お忙しいところすみません。はい、はい!そうですね。はい…分かりました。」

珍しくAS支隊長が標準語になる。
東北人が東京方面の方とお話すると、標準語に呑みこまれることはよくある話だ。
恐らく関東方面の方とお話をされているのだろう。
そう思った矢先である。

AS「もっこり君、WI総補がもっこり君ど話しだいどや。」

携帯を差し出しながら、私に電話をさせようとする。

もっこり「誰です?WI総補って。」

AS「AS支隊を面倒見てる俺達の先輩にあたる方だ。」

もっこり「分かりました。はい、もしもしはじめまして!もっこりと申します。」

WI「おぉ〜キミがもっこり君か〜AS君から話は聞いてるよ。今信心頑張ってるんだって?有難いね〜。でも、今友達がみんな反対してて大変なんでしょ?」

もっこり「はい、そうです。」

WI「実はね、仏法には魔障っていうのが存在するんだ。魔障ってなんだか知ってる?」

もっこり「はい。信心を妨害するものという認識はあります。」

WI「 そうなんだよね。でも大丈夫だよ。絶対に大丈夫!どうしてだと思う?」

もっこり「いや〜正直何を根拠にと思ってしまいますね。」

WI「それがね、仏法を根拠になんだ。もっこり君RPGのゲームとかってやる?」

もっこり「まぁ幼い頃に多少はやってましたけど。」

WI「そっかそっか〜。僕はね、大好きだな〜(笑)じゃあね、魔障をRPGにでてくる中ボスだと思ってごらん?んでもっこり君はゲームの中の主人公。ストーリー進めていくとさ、必ず中ボスにあたるよね。これはゲームのシナリオ上避けられないよね。信心も続けていくと魔障というものとどうしてもぶつかってしまう。こればっかりは仏法という法則の中で起こってくる出来事だから仕方がないんだ。ここまではわかるかな?」

もっこり「はい。言いたいことは分かります。」

WI「そんでね、その中ボスには弱点が2つあるんだよ。なんだか当ててごらん?」

もっこり「勤行と折伏ですか?」

WI「ん〜〜〜〜惜しいな(笑)でもいい線いってる!もっこり君の答えも間違ってはいないよ。その中ボスの一番の弱点はね、有難いと広宣流布。この2つの想いを中ボスにぶち込むとすぐにやっつけられる。仏法頑張ってる人は誰でも。ね。」

もっこり「なるほどですね。誰でもと言える根拠は?」

WI「仏法の法則上はね、必ず遭遇した魔障には勝てるシステムになってるんだよ。AS君は平成10年の入信だし僕なんか平成2年の入信だよ。もし勝てない魔障があるんだったらさ、もうウチら遭遇して仏法辞めちゃってもおかしくないでしょ(笑)ね。だから心配しなくてもいいんだよ。それとね、ウチらとも感激語り合って御祈念も一緒にしてさ、魔障退治するの手伝わせてよ。そしたらもう大丈夫!もっこり君がこうして中ボス倒してレベルアップしてけば今もっこり君に反対してるお友達も仏法で助けるパワーが自然にもっこり君に備わってくるからさ。お友達、また一緒に信心できるようになるといいね。でも今は中ボス一緒に倒すところからだね(笑)一緒に頑張ろうよもっこり君!ね。あ、機会があったら埼玉にもおいで、もっこり君の仲間を紹介してあげるから。」

もっこり「はい。ありがとうございますっ!!」
 

仏法を私に対してできるだけ丁寧に分かりやすく説いてくれたWI総補に対して、この人はタダ者じゃないと感じた。
常にずしっと構えて落ち着いており、人を納得させることには相当長けた方である。
もしこの人が人を騙したら、恐らく大抵の人は騙されるだろう。
そのくらい、話術も巧みな人だ。
胸につかえた悶々とした気持ちもとれてスッキリとして、組長初陣戦を本気で頑張ろうと決意した。
そんな時である。

SYが彼女さんと別れてしまったとのこと。

彼が相当落ち込んでるのも見ていたので、「一緒に勤行しに行ごうぜ。まだまだ終わってねぇよ。SYの幸せはこっからだよ。の!」と声をかけてひたすら励ました。
彼は暗い気持ちを押し殺しながら頑張って拠点に通いはじめる。
ちょうどこの頃、AS支隊長がSYに顕正新聞をあげるようになる。
暫く日が経つと、SYが顕正新聞の感想を私や諸先輩方に興奮気味に語る。

SY「みんなの国のごど考えで本気で仏法頑張ってる登壇にめっちゃ感動した!俺もこれがら仏法頑張ってみんなみだいに立派な人さなりでぇ!」

私にはこう話してくれた。
私も嬉しかった。SYに仏法を教えて本当によかったと。


ー間も無くして4月に入る


4月に入った瞬間、私は仏法をどうしても教えたい後輩達がいた。
不良の後輩達である。
私が卒業してからも彼等は学校の窓ガラスを全部割ったり、夜中に消火器を学校内に撒き散らしたり、教師への暴力や他校生との喧嘩も絶えず教育委員会の間でも問題になっており、色々と酷かったそうだ。
とはいえ中学時代は私も学校をサボる時にはよく後輩不良グループのリーダー格にあたる子の部屋が中学校の近くにあったので、よく遊びに行っていたおり仲はメチャクチャよかった。
学校サボった度に部屋で酒やタバコを大量に貰った恩もあるし。。。いやいやいや!!荒れてしまうということは罪障だってあるはずだ。仏法は因果だ。うん、そうだ。そうに違いない。だから折伏して救うのだ!…決して三毒な理由などではない!
という訳で特に仲が良かった後輩を家の近くにある地下道に呼び出す。
4月5日の18:00頃、空は殆ど暗くなっていた。
AS支隊長とSYと共に現地に向かうと、後輩と10人以上のヤンキーがそこに待っていた。

後輩1「よ!もっこり君久しぶり(笑)」

後輩2「 待ちくたびれだわ。なんだ、連れもいんのが!」


人気の無い地下道で大人数のヤンキーに囲まれた。 


※お読み下さった皆様へ/अनुरोध

For Japanese
現役顕正会員さんのご相談や愚痴などを受け付けます。懐かし話などでも大丈夫ですので、何か感じられた方はお気軽に下記のご連絡先にメッセージを頂ければと思います。
但し、変なのには全魂込めてシカト致しますので何卒ご了承願います。

For nepali
यदी तपाईंहरु को रूम सम्मा केन्स्योउकै"नन्म्योउआवरएङेक्योउ"को मन्छे आएको अनि मेरो मैल अद्द्रेस्स सम्मा मेस्सगे दिनुस ।
केन्स्योउकै को दर्मा म एक्दम नराम्रो ग्रूप त्यसैले । 

罪障もっこり副長(मोक्कोरी)
gozaise_no_cocacola@icloud.com

またまた2005年3月のお話である。
DMが私との同級生でもある近所の友人RNSを入信させた。
RNSが入信する前夜に彼から連絡があり、予め家族に顕正会に入ると話したが家族から猛反対されたという相談だ。
因習深い村故に御先祖様や集落に祀られてある神様に手を合わせずに得体の知れないものに手を合わせてもロクなことないという言い分だった。
話を聞いた後に私からこのような内容を伝える。

もっこり「みんな凄い現証を頂いでっがらの、御本尊様の御力は本当に素晴らしいがら大丈夫だ。これはやった人どが見だ人さしか分がらね。蚊の鳴ぐような声でももちろん構わねぇさげRNSが勤行やって変わったどご家族さ見でもらおうぜ!」

RNS「わがった。JちゃんがらもDMがらもお誘いがあったし俺もやりだいどは思ってんなやの。せばこっそり頑張ってみるよ(笑)」

翌日幼馴染のDMの縁でRNSが入信する。

ちょうどこの頃私は組長職を拝命し、心機一転して更に前進していこうと燃えに燃えていた。
どういう祈り方をしたらここまで折伏を進められるのかSSK班長やAS支隊長に尋ねられた際は赤裸々に全裸靴下の話もしたら厳しく注意もされたが、基本的には全てが順調過ぎる程に順調であった。
逆縁はまったく無く、入信させた人達全員とビデオ放映や日曜勤行に欠かさずといっていい程参加していた。

「何の取り柄もない自分が今人々の為に崇高な戦いが出来ている。今本当に幸せだし有難い!」

本気でそう思ったものである。
しかしこの辺りから徐々に歯車が狂い出し、崩れてゆく。

RNSの入信間も無くしてJちゃんとDMとRNSから顕正会を辞めるとの連絡が来た。
どうやら3人はインターネットで顕正会と検索した結果悪いことばかりが書いていたらしく、とんでもない団体であると認識したようだ。
この時DMは私に下記の内容を電話で懸命に話してくれた。

・顕正会は拉致、監禁、暴力を常時行っていて、逮捕者も続出している団体。
・登壇者の内容には嘘やねつ造がたくさん散りばめられている。
・顕正会も創価学会もそうだが、日蓮大聖人を宗祖と仰ぐ団体は要注意団体が非常に多い。
・このまま勧誘活動を続けたら今後まともな人間関係は構築することができず、顕正会員としか人間関係を作れなくなってしまう。今からでも遅くないと思うから、もっこりと一緒に脱会したい。

普段無口なDMだったが、ここぞとばかり気持ちを込めて話してくれた。
彼の気持ちは伝わったし、有難い気持ちも湧き良い友人を持ったとも思った。
だが、私はひどく混乱する。

もっこり(良いことをみんなに教えているはずなのに、どうしてここまで信心している事に対して言われるのだろうか。彼が顕正会を最低最悪な団体であることを前提として話を進めているのは分かるし、もしそれが本当ならば彼が話している内容は慈悲に満ち溢れている。だが、そうなったら今まで自分の眼で確かめてきた現証はどうなる!?あれも嘘だというのか??それにSSKさんやASさんだって高校生の自分達に損得勘定抜きに身や財を削ってまで真心尽くして仏法を教えてくれた。一体どうすればいいんだ?何が正しいんだ??もう訳わかんねぇ…)

頭が痛い。一気に身体がだるくなる。
顕正会に対する善と悪の認識が混じった私の思考回路はぐちゃぐちゃになり、更に言葉を詰まらせて暫く沈黙を続ける。
DMが諭すようにゆっくり語りかける。

DM「まぁ、ゆっくり考えでくれ。俺は前みだいな友達関係さ戻って、お前ど馬鹿やってだいだげだわ。俺がら話せるごどはこれだげだ。じゃあの。」

電話を切ってからもずっとこのやりとりが引っかかる。
勿論翌日に私はAS支隊長とSSK班長にこの一件を話した。
「最善の回答」ただ、これだけを求めて貪るように話した。
だが、予想とはまったく違う返答を頂くことになる。

AS「頭で考えだらダメだ、祈って折伏の勢い止めだら魔の思うツボだ。戦おうぜ!」

まずこの回答はそもそもの相談と返答が噛み合っていない。

SSK「DM君どRNS君どは魔障になるがら今後一切関わらないようにの。」

彼等の成仏はその程度のものなのか?そして自分自身の人間関係に対して勝手に線を引かれたような気がして、不快な気持ちにも陥る。
結局このようなやりとりに終始して、悶々としたまま会話が終了する。


更に追い討ちをかけるような出来事が次々と起こる。


※お読み下さった皆様へ/अनुरोध

For Japanese
現役顕正会員さんのご相談や愚痴などを受け付けます。懐かし話などでも大丈夫ですので、何か感じられた方はお気軽に下記のご連絡先にメッセージを頂ければと思います。
但し、変なのには全魂込めてシカト致しますので何卒ご了承願います。

For nepali
यदी तपाईंहरु को रूम सम्मा केन्स्योउकै"नन्म्योउआवरएङेक्योउ"को मन्छे आएको अनि मेरो मैल अद्द्रेस्स सम्मा मेस्सगे दिनुस ।
केन्स्योउकै को दर्मा म एक्दम नराम्रो ग्रूप त्यसैले । 

罪障もっこり副長(मोक्कोरी)
gozaise_no_cocacola@icloud.com

通称「功徳の自販機」


私が顕正会に入信した頃から、SSKさんがアツく語っていた山の麓にある自宅拠点から最寄りのタバコの自販機がある。
元顕や現役の皆さんは、勧誘した直後にジュースのアタリが出てくるなどの体験をされた方々もいらっしゃるかと思う。
だが、この自販機は今振り返っても「魔の通力」が段違いな自販機だった。
どう段違いなのかといえば、参詣前に押しても、眠い勤行をした後も、欲張って押してもうんともすんとも言わないのだが、ちゃんと勤行を拠点で実践した後は2箱出てくる自販機だというのだ。
taspoが導入されるようになってからは、姿を消した今は亡き通称「功徳の自販機」のことを、時系列的にもちょうどいい頃なので今回はこのことに関して綴っていきたい。


2005年3月上旬のある休日の夕方ー


山の麓の自宅拠点にて、夕刻の勤行を済ませたSSKさんとDMともっこりは、談笑しながらSSKさんの車に向かう。

DM「最近SY見ないげどアイツ元気にしてるが?」

もっこり「元気してるげどSYはデートに夢中だ。勤行中も女のごどで頭いっぱいだど思うよ(笑)」

DM「成る程の。彼もそうやって大人の階段登ってんじゃね(笑)」

もっこり「でも功徳でイチャイチャしようって魂胆はイヤラシイよの(爆笑)」

SSK「SY君がそれに感激して広宣流布に戦う決意をすれば、いど思うよ!」

もっこり「この前愛しの彼女さんとお泊まりした時に勤行抜けたらしいっすよあのドスケベ(笑)」

SSK「なにぃ〜マジでが!かぁ〜〜〜。。。」

DM「ってが、これがらどうします?」

SSK「一回、例の自販機さ行ぐが!それがらいっぷくして考えようぜ。」

DM「いいっすね。行きましょう!」


3人で自販機の前まで来ると、SSKさんがやたらとニヤついていた。
自称餓鬼界のSSKさんは、この自販機を誰よりも愛してやまなかったらしい(笑)


もっこり(種類少なっ!!何買おう…。)

SSK「じゃあ俺がら押すぞ?」

もっこり「どうぞ。」

SSKさんがキャビンマイルドのところのボタンを押すが、1箱出てきて終わりだった。

SSK「ちきしょー!1箱出でくるまでずっと買おうどしたなさ。やっぱ欲張ったらダメだの(苦笑)」

DM「次は俺の番が…」

DMがセブンスターのところのボタンを押すが、この時も1箱出てきて終わりだった。

DM「俺も1箱が…」

もっこり「お前何か変なごどでも考えでだが?」

DM「いや、無心だわ。」

もっこり「無心でもダメなのが。次は俺だな…ってが赤LARKねぇな、どうしよう。」

私はどの銘柄のタバコを購入するか迷いながら、セブンスターに決めてボタンを押す。
この日は昼食をとらずにみんなで動いていたので、さぞかし私を含めて空腹だろうと思い、1箱分浮いたらコンビニに行って肉まんをみんなで食べてラストスパートの御奉公に励もうと心の中で決めた。
当時のタバコは300円前後だったので、肉まん3個買うにはちょうどいい具合に釣り合う値段だったのだ。
結果はナント2箱出てききた。

もっこり「嘘だろぉ!?マジがよ、すっげぇ。。。あ、大聖人様ありがとうございます南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経…」

びっくりした私は思わず自販機の前で合掌してお題目を唱え始めた。

SSK「寒いがら続きは家さ戻ってがらさしてくれ。車さ戻るぞ。」

この一件から15分くらい後にコンビニに寄るようお願いし、コンビニの駐車場に車を停める。

もっこり「浮いた金で、みんなで肉まん食いましょう!」

DM「いいね、助かるわ。俺ピザまんでいい?」

もっこり「おう!わがった。SSKさんは肉まんでいいっすか?」

SSK「マジでいいのが?せばお言葉に甘えて肉まんをお願いします。」

もっこり「了解です。じゃあ買ってきますね。」

みんなで肉まんをたべながら、打ち合わせる。

SSK「これがらどうする?折伏当だる予定も無いし。」

もっこり「頂いた功徳に甘えることなく、無二の師匠浅井センセーに断じてお応えして参る決意であります(笑)」 

DM「なんだそれ。似合わねぇ(笑)」

もっこり「うるせぇよ!これがら一件突撃訪問したいところがあるんで、そこ行ってもらっても大丈夫っすか?」

SSK「いいよ、同級生?」

もっこり「まぁ、タメなんすけどそいつ不良で高校には行ってない人ですね。」

SSK「んだなが。でももっこり君は意外だど思うがもしんねぇげど、案外そっち系の人の方が素直な入信って比較的多いんだぜ。んで知的で大人しい感じの人さ仏法の話するど、比較的ブチ切れる人が多い。」

もっこり「へぇ〜分かんないもんなんすね。とりあえず行きますか!よろしくお願いします。」

結局この日は訪問しても不在であり、そのまま解散となった。
先日全裸靴下の快進撃に皆様からもコメントを頂いた通り、これまでの一件が見事に六根清浄されていないのだ。
更にこれまでの一件が全て魔の通力なんだというもう一つの確信を記事に綴っていきたい。


※お読み下さった皆様へ/अनुरोध

For Japanese
現役顕正会員さんのご相談や愚痴などを受け付けます。懐かし話などでも大丈夫ですので、何か感じられた方はお気軽に下記のご連絡先にメッセージを頂ければと思います。
但し、変なのには全魂込めてシカト致しますので何卒ご了承願います。

For nepali
यदी तपाईंहरु को रूम सम्मा केन्स्योउकै"नन्म्योउआवरएङेक्योउ"को मन्छे आएको अनि मेरो मैल अद्द्रेस्स सम्मा मेस्सगे दिनुस ।
केन्स्योउकै को दर्मा म एक्दम नराम्रो ग्रूप त्यसैले । 

罪障もっこり副長(मोक्कोरी)
gozaise_no_cocacola@icloud.com

↑このページのトップヘ