2005年4月5日18:00頃もっこり宅近くの地下道にてー


AS支隊長とSYと私で現場に行くと、ちょうど10人くらいのヤンキーがそこにいた。
知ってる顔半数初めて見る顔半数である。

後輩1「もっこり君が凄い話がしたいっていうがらや、俺達みんな暇だったし勝手に集まったわ(笑)」

もっこり「あー全然大丈夫だよ!(もしみんな行くってなったらどーしよー。。。)」

後輩2「とりあえずスゲー話って何や?」

もっこり「ああ、俺達仏法っていうのやってんだ。やった人は必ず功徳って言っていいごどがある!」

後輩2「ぶっぽー?なんだそれ?」

AS「要は毎朝毎晩勤行っていって富士山の方に向かって…んだの〜山形がらだど大体南だ!そごに南無妙法蓮華経ってお経を唱えんなやの。そうすっどいいごどが出でくんなや。俺もたくさんいいごどあってや〜!」

後輩1「いいごどって例えば何や?」

SY「俺なんかはやった瞬間に彼女どより戻ったぜ!」

もっこり(SYよ、別れたばかりなのに自ら傷口拡げて大丈夫か…?あんま無理すんなよ。。。)

後輩3「ってごどは俺野球やってんすけど、甲子園さは祈ったら行げるんすか?」

もっこり「末期ガン治るぐれぇだがらの、努力もして祈れば大丈夫だど思うよ!」

後輩1「成る程の…おい!そんなにスゲーなら行ぐぞお前ら!!」

もっこり(よっしゃ!!きたぜ御守護っ!!!)

後輩2「うぉおおっしゃあああ!!俺帰宅部だげど甲子園に出場して優勝でぎるよう拝むわあああ!!ついでに大塚愛はこれで俺の女だぜぇ!!」

もっこり(いやどっちもさすがに無理だろ(笑)しかも大塚愛がついでって。。。この贅沢野郎め(爆笑))

後輩3「甲子園でレギュラーど上戸彩ちゃ〜〜〜ん!!!!!ハァハァ…」

もっこり(甲子園だけにしとけよどスケベ野球小僧が!!)

後輩4「俺なんかぶっぽーで×××最強さしてギネスに載ってやるわ!!俺の×××何メートルまで伸びっがなあああ!!!楽しみだぜ(爆笑)」

もっこり(後輩3よ、どスケベ野球小僧なんて考えてスマンな。ここにお前さんより危ねぇのが居たわ(苦笑)ってかマジかよ…決定しちゃったよ〜(大汗)AS支隊長どうすんだこれ!?)

私は心の中で彼等にツッコミを入れながら、空気的にもメチャクチャ不安だったのでAS支隊長にどうするのか顔を見て無言で訴える。

AS「よっしゃ!定員オーバ多少しても構わねえさげ、お前ら乗れるだげ俺の車さ乗れ!あどもっこり君どSY君はチャリで。他のメンバーも居だら引っ張ってきてくれ!!」

後輩2「早ぐしろや神ッパ!!(AS)3分で行げ。」

AS「無茶言うなで〜(汗)ってが何で俺が神ッパだなや!?」

後輩1「おめぇさっきがらぶっぽーぶっぽーうるせーがらや、所詮は神様のパシリだろ?略して神ッパ。俺らが親しみ込めで考えでやったんだがら感謝しろや!」

AS「うるせー俺らは大聖人様の弟子だ!神様じゃねーよ。おら、早ぐ行ぐぞお前ら!!」

AS支隊長はボロクソ言われながらも今まで見たことのないくらい興奮しており、嬉々とした表情を見せる。
この時は単純に大量入信に対して喜んでいると思っていた。
が、本当の理由を後程知ることになる。
支隊長は車のトランクにも入るよう一番小柄な後輩4に指示する。


ー15分後、市街地にある21隊KY支隊長宅の自宅拠点にて


後輩4「おせーぞ神ッパ!!全然3分じゃねーじゃん。俺らの時間金で返せやこのヤロー!!!」

AS「黙ってろ!真面目に勤行すれば功徳で返ってくる。お前ら真剣に祈れよ。ってがもっこり君、何人チャリで一緒に来た!?」

もっこり「さすがにチャリでは誰も来ませんでしたね(苦笑)」

AS「マジっすかぁ〜(泣)あ、もう時間ねえがら行ごうぜ!19:30の定時の勤行で俺が御導師すっこどさなったさげ!!」

SY「うわっ、もう10分もないっすよ!?どうするんですか報告書??」

AS「なんとがするしかねぇぜ!!頼むぞー!!」

もっこり(1,2,3...6人も居るわ。。。ってが後輩4は中学生だろ!?いいのかよ…しかし無茶苦茶だな。。。)

一同は自宅拠点の仏間に入り、手分けして報告書を記入する。
手がちぎれそうなくらいの勢いでSYとAS支隊長と2人ずつに分けて記入する。

AS「後輩4中学校じゃねーが!!住所記入されでねー奴もいるし。あーもう時間ねーよ。始める!!南無妙〜…」

後輩1「おいおい神ッパマジがよ(笑)見かけによらず本物の坊さんみだいにドスの効いだ声だわ〜めっちゃうげるわ(爆笑)」

入信者一同はあぐらをかきながら、勤行する姿勢を全く見せずに皆で大きい声で私語をはじめて高笑いする。
定時の勤行だったので、他の組織の方々からの冷たい視線が様々な方向から突き刺さる。

AS &参詣者「にーじーせーそん、じゅうさんまい…」

後輩2「ってがあれ、あの巻物何て書いでんのや?神ッパどツーショットでみんなで動画撮ろうぜ〜!!そんでチェンメだチェンメ(爆笑)せーのっ…」

(ピロリロリーン×6)

もっこり「頼むがらマジで静がにしろや。いい加減にしろよ!罰当だるぞお前ら。」

後輩1「もっこり君さこんな面白ぇ友達居るどは思わながったわ〜!!今日は無礼講だ無礼講っ!うぇーい!!」

後輩2「ちゃんと数珠持って祈ってんだろ!!これ終わったら大塚愛の彼氏になれるぜぇ〜!!」

SY「ここ、ここ、ここ。。。」

SYはひたすら彼等の側で御経本の今読んでいる場所を淡々と教えようとしている。が、彼等はまったく話を聞こうともしない。
辛うじて後輩3が正座してSYと御経本を読み始める。

もっこり(さっきは重ねてどスケベ野球小僧なんて思って本当にスマン!見直したわ野球少年!!…に比べてコイツらあと5人どうすりゃいいんだ??もう収拾つかんぞこれ。メチャクチャブチギレたいが他の組織の方々がいる中で喧嘩はよろしくない。ましてや俺だって顕正会員だ。とにかくこの場で真剣に祈って教えて行こう。よし!)

AS&参詣者「かいしつぐーそく、とーしーわーごー…」

後輩4「俺の×××おっきぐなってきたあ〜。見で見で!これも動画撮ってよ(笑)」

後輩1「きたねーな、この場面に何考えだらそうなるのや!!(爆笑)」

後輩4「わがつぎちなつ」

後輩2「めっちゃ絵になるわこの組み合わせ!!超うげる(爆笑)」

(ピロリロリーン×5)

後輩4「ちゃんとモザイクかげでの。」

一同「ぎゃはははははは!!!」

もっこり(もう駄目だコイツら…どうやってもまるで手に負えねぇ。地獄だわ。早くなるべく平和に終わってくれ。。。)

AS&参詣者「南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経…」

後輩一同が数珠をかけて正座しはじめた。
勤行についていけなくて、お題目ならできるから頑張ろうという発想だったのかコイツら。なんて思ってたが…どうやら私の考えは甘かった。

一同「なんみょーほーれんげーきょー!!なんみょーほーれんげーきょー!!!なんみょーほーれんげーきょー!!!!!」

もはや唱えるという状態ではなく、全員で怒鳴ってた。
1人が立ち膝になり、足が痺れたのかと思った。が、どうやらここも私の考えは甘かった。

(ピロリロリーン)

ニセ本尊を接写してきた。 
消えてなくなりたい。この時は本気でそう思った。
間もなくして、地獄のような入信勤行は終了した。
今振り返って思うことは、最近200万人の入信者を達成したと発表した顕正会のこの人数の中で、このような滅茶苦茶な入信勤行がどれだけ全国であったのだろうと。
そして、これで入信が成立してしまう顕正会。この記事を読んで下さった皆さまはどう思われているだろうか。
私が見聞きした入信勤行でもこれはまだ序の口。まだまだこれから徹底的に暴露していく所存である。

話しは戻るが、矢張りこの入信勤行後もずっと胸騒ぎがした。
問題がない訳がない。
私が顕正会で活動できなくなるんじゃないかという不安で胸が押しつぶされそうだった。

後日の夕方、HR副長と駅前で待ち合わせる。
間もなくして、昨夜あの場に居た女子部の総班長からHR副長に着信が入る。

総班長「もしもし、昨夜の参詣の件なんですけどね…」

もっこり(こりゃ俺の不成仏リーチだな…ああ、情けなくて死にたい。) 

やがて春休みに入り、私は高校2年生になろうとしていた。
ちょうどこの頃、ABさんは東京の予備校に通うことになる。

AB「東京の板橋さ住むごどさなった。東京会館があるときわ台まで歩いで通わいる。有難い!」

彼はそのようなことを私や諸先輩方に話し、会館参詣しながら折伏を進めていきたいと決意を語る。
一方私は顕正会が本当に正しいのかどうか当時外部からの情報を見聞きすることもなかったので、前回書いたとおり迷いに迷っていた時である。 
兄弟抄御書講義のビデオ放映が終わり、ABさんが熱心にSSK班長へ質問している側で、私はAS支隊長へ顕正会が唯一正しく仏法が本当に良いものならば何故、世間の人々は顕正会が危険な団体であると訴えて辞めてった人たちが皆こぞって顕正会を悪く話すのかなどを聞いていた。

AS「兄弟抄でもあったげど、池上兄弟が云々…行解既に勤めぬれば云々…怨嫉っていうのが仏法にあんなやの。仏法やってれば悪口も言われるし毛嫌いもされる。だがら頭で考えんな!折伏やろうぜ折伏!!の!?」

もっこり(いやいやいや、考えんなって言われでも。。。仏法はこういうものだと無理矢理押し付けられてるような…)

暫く私は沈黙する。AS支隊長の頭で考えるなという言葉を毎回聞いていたせいか、脳裏にはその言葉ばかりがこだまする。
矢張りひたすら頭で考えるなと言われることには納得がいかず、一種の暗示にさえ思えてきた。
その時AS支隊長の携帯に着信が入る。

AS「 はい、もしもしASです。あー!お忙しいところすみません。はい、はい!そうですね。はい…分かりました。」

珍しくAS支隊長が標準語になる。
東北人が東京方面の方とお話すると、標準語に呑みこまれることはよくある話だ。
恐らく関東方面の方とお話をされているのだろう。
そう思った矢先である。

AS「もっこり君、WI総補がもっこり君ど話しだいどや。」

携帯を差し出しながら、私に電話をさせようとする。

もっこり「誰です?WI総補って。」

AS「AS支隊を面倒見てる俺達の先輩にあたる方だ。」

もっこり「分かりました。はい、もしもしはじめまして!もっこりと申します。」

WI「おぉ〜キミがもっこり君か〜AS君から話は聞いてるよ。今信心頑張ってるんだって?有難いね〜。でも、今友達がみんな反対してて大変なんでしょ?」

もっこり「はい、そうです。」

WI「実はね、仏法には魔障っていうのが存在するんだ。魔障ってなんだか知ってる?」

もっこり「はい。信心を妨害するものという認識はあります。」

WI「 そうなんだよね。でも大丈夫だよ。絶対に大丈夫!どうしてだと思う?」

もっこり「いや〜正直何を根拠にと思ってしまいますね。」

WI「それがね、仏法を根拠になんだ。もっこり君RPGのゲームとかってやる?」

もっこり「まぁ幼い頃に多少はやってましたけど。」

WI「そっかそっか〜。僕はね、大好きだな〜(笑)じゃあね、魔障をRPGにでてくる中ボスだと思ってごらん?んでもっこり君はゲームの中の主人公。ストーリー進めていくとさ、必ず中ボスにあたるよね。これはゲームのシナリオ上避けられないよね。信心も続けていくと魔障というものとどうしてもぶつかってしまう。こればっかりは仏法という法則の中で起こってくる出来事だから仕方がないんだ。ここまではわかるかな?」

もっこり「はい。言いたいことは分かります。」

WI「そんでね、その中ボスには弱点が2つあるんだよ。なんだか当ててごらん?」

もっこり「勤行と折伏ですか?」

WI「ん〜〜〜〜惜しいな(笑)でもいい線いってる!もっこり君の答えも間違ってはいないよ。その中ボスの一番の弱点はね、有難いと広宣流布。この2つの想いを中ボスにぶち込むとすぐにやっつけられる。仏法頑張ってる人は誰でも。ね。」

もっこり「なるほどですね。誰でもと言える根拠は?」

WI「仏法の法則上はね、必ず遭遇した魔障には勝てるシステムになってるんだよ。AS君は平成10年の入信だし僕なんか平成2年の入信だよ。もし勝てない魔障があるんだったらさ、もうウチら遭遇して仏法辞めちゃってもおかしくないでしょ(笑)ね。だから心配しなくてもいいんだよ。それとね、ウチらとも感激語り合って御祈念も一緒にしてさ、魔障退治するの手伝わせてよ。そしたらもう大丈夫!もっこり君がこうして中ボス倒してレベルアップしてけば今もっこり君に反対してるお友達も仏法で助けるパワーが自然にもっこり君に備わってくるからさ。お友達、また一緒に信心できるようになるといいね。でも今は中ボス一緒に倒すところからだね(笑)一緒に頑張ろうよもっこり君!ね。あ、機会があったら埼玉にもおいで、もっこり君の仲間を紹介してあげるから。」

もっこり「はい。ありがとうございますっ!!」
 

仏法を私に対してできるだけ丁寧に分かりやすく説いてくれたWI総補に対して、この人はタダ者じゃないと感じた。
常にずしっと構えて落ち着いており、人を納得させることには相当長けた方である。
もしこの人が人を騙したら、恐らく大抵の人は騙されるだろう。
そのくらい、話術も巧みな人だ。
胸につかえた悶々とした気持ちもとれてスッキリとして、組長初陣戦を本気で頑張ろうと決意した。
そんな時である。

SYが彼女さんと別れてしまったとのこと。

彼が相当落ち込んでるのも見ていたので、「一緒に勤行しに行ごうぜ。まだまだ終わってねぇよ。SYの幸せはこっからだよ。の!」と声をかけてひたすら励ました。
彼は暗い気持ちを押し殺しながら頑張って拠点に通いはじめる。
ちょうどこの頃、AS支隊長がSYに顕正新聞をあげるようになる。
暫く日が経つと、SYが顕正新聞の感想を私や諸先輩方に興奮気味に語る。

SY「みんなの国のごど考えで本気で仏法頑張ってる登壇にめっちゃ感動した!俺もこれがら仏法頑張ってみんなみだいに立派な人さなりでぇ!」

私にはこう話してくれた。
私も嬉しかった。SYに仏法を教えて本当によかったと。


ー間も無くして4月に入る


4月に入った瞬間、私は仏法をどうしても教えたい後輩達がいた。
不良の後輩達である。
私が卒業してからも彼等は学校の窓ガラスを全部割ったり、夜中に消火器を学校内に撒き散らしたり、教師への暴力や他校生との喧嘩も絶えず教育委員会の間でも問題になっており、色々と酷かったそうだ。
とはいえ中学時代は私も学校をサボる時にはよく後輩不良グループのリーダー格にあたる子の部屋が中学校の近くにあったので、よく遊びに行っていたおり仲はメチャクチャよかった。
学校サボった度に部屋で酒やタバコを大量に貰った恩もあるし。。。いやいやいや!!荒れてしまうということは罪障だってあるはずだ。仏法は因果だ。うん、そうだ。そうに違いない。だから折伏して救うのだ!…決して三毒な理由などではない!
という訳で特に仲が良かった後輩を家の近くにある地下道に呼び出す。
4月5日の18:00頃、空は殆ど暗くなっていた。
AS支隊長とSYと共に現地に向かうと、後輩と10人以上のヤンキーがそこに待っていた。

後輩1「よ!もっこり君久しぶり(笑)」

後輩2「 待ちくたびれだわ。なんだ、連れもいんのが!」


人気の無い地下道で大人数のヤンキーに囲まれた。 

またまた2005年3月のお話である。
DMが私との同級生でもある近所の友人RNSを入信させた。
RNSが入信する前夜に彼から連絡があり、予め家族に顕正会に入ると話したが家族から猛反対されたという相談だ。
因習深い村故に御先祖様や集落に祀られてある神様に手を合わせずに得体の知れないものに手を合わせてもロクなことないという言い分だった。
話を聞いた後に私からこのような内容を伝える。

もっこり「みんな凄い現証を頂いでっがらの、御本尊様の御力は本当に素晴らしいがら大丈夫だ。これはやった人どが見だ人さしか分がらね。蚊の鳴ぐような声でももちろん構わねぇさげRNSが勤行やって変わったどご家族さ見でもらおうぜ!」

RNS「わがった。JちゃんがらもDMがらもお誘いがあったし俺もやりだいどは思ってんなやの。せばこっそり頑張ってみるよ(笑)」

翌日幼馴染のDMの縁でRNSが入信する。

ちょうどこの頃私は組長職を拝命し、心機一転して更に前進していこうと燃えに燃えていた。
どういう祈り方をしたらここまで折伏を進められるのかSSK班長やAS支隊長に尋ねられた際は赤裸々に全裸靴下の話もしたら厳しく注意もされたが、基本的には全てが順調過ぎる程に順調であった。
逆縁はまったく無く、入信させた人達全員とビデオ放映や日曜勤行に欠かさずといっていい程参加していた。

「何の取り柄もない自分が今人々の為に崇高な戦いが出来ている。今本当に幸せだし有難い!」

本気でそう思ったものである。
しかしこの辺りから徐々に歯車が狂い出し、崩れてゆく。

RNSの入信間も無くしてJちゃんとDMとRNSから顕正会を辞めるとの連絡が来た。
どうやら3人はインターネットで顕正会と検索した結果悪いことばかりが書いていたらしく、とんでもない団体であると認識したようだ。
この時DMは私に下記の内容を電話で懸命に話してくれた。

・顕正会は拉致、監禁、暴力を常時行っていて、逮捕者も続出している団体。
・登壇者の内容には嘘やねつ造がたくさん散りばめられている。
・顕正会も創価学会もそうだが、日蓮大聖人を宗祖と仰ぐ団体は要注意団体が非常に多い。
・このまま勧誘活動を続けたら今後まともな人間関係は構築することができず、顕正会員としか人間関係を作れなくなってしまう。今からでも遅くないと思うから、もっこりと一緒に脱会したい。

普段無口なDMだったが、ここぞとばかり気持ちを込めて話してくれた。
彼の気持ちは伝わったし、有難い気持ちも湧き良い友人を持ったとも思った。
だが、私はひどく混乱する。

もっこり(良いことをみんなに教えているはずなのに、どうしてここまで信心している事に対して言われるのだろうか。彼が顕正会を最低最悪な団体であることを前提として話を進めているのは分かるし、もしそれが本当ならば彼が話している内容は慈悲に満ち溢れている。だが、そうなったら今まで自分の眼で確かめてきた現証はどうなる!?あれも嘘だというのか??それにSSKさんやASさんだって高校生の自分達に損得勘定抜きに身や財を削ってまで真心尽くして仏法を教えてくれた。一体どうすればいいんだ?何が正しいんだ??もう訳わかんねぇ…)

頭が痛い。一気に身体がだるくなる。
顕正会に対する善と悪の認識が混じった私の思考回路はぐちゃぐちゃになり、更に言葉を詰まらせて暫く沈黙を続ける。
DMが諭すようにゆっくり語りかける。

DM「まぁ、ゆっくり考えでくれ。俺は前みだいな友達関係さ戻って、お前ど馬鹿やってだいだげだわ。俺がら話せるごどはこれだげだ。じゃあの。」

電話を切ってからもずっとこのやりとりが引っかかる。
勿論翌日に私はAS支隊長とSSK班長にこの一件を話した。
「最善の回答」ただ、これだけを求めて貪るように話した。
だが、予想とはまったく違う返答を頂くことになる。

AS「頭で考えだらダメだ、祈って折伏の勢い止めだら魔の思うツボだ。戦おうぜ!」

まずこの回答はそもそもの相談と返答が噛み合っていない。

SSK「DM君どRNS君どは魔障になるがら今後一切関わらないようにの。」

彼等の成仏はその程度のものなのか?そして自分自身の人間関係に対して勝手に線を引かれたような気がして、不快な気持ちにも陥る。
結局このようなやりとりに終始して、悶々としたまま会話が終了する。


更に追い討ちをかけるような出来事が次々と起こる。

↑このページのトップヘ